1.視覚障害者訪問相談事業
(京都府中途失明者巡回生活指導員派遣事業)

「目が不自由になってこれからどうしよう?」
疾患や事故等で、見えない、見えにくくなられた方のお宅に訪問し相談を受けます。相談は京都府の委託事業で費用はかかりません。制度利用や社会資源の情報を提供します。
目が不自由になるということはとても不安が大きく、他人に理解されにくい障害でもありますし、ひとりで抱え込まれて苦しまれていることが多いです。
 どんなことでもけっこうです。その不安を話してみませんか?何かしら前向きなことがあるかもしれません。
 目が不自由でお悩みの方、お気軽に連絡して下さい。

【相談内容】=心理更生・生活・・リハビリ訓練・視覚障害者機器・用具の紹介・障害者年金・生活保護・各種減免制度・交流・録音・点字図書 など

TEL075-333-0171
Eメールsoudan@kyo-ssc.com

2.障害者相談支援事業所 スマイルサポート

視覚障害でお困りの方やその家族から様々な不安や悩みなどの相談をお受けし、必要な福祉サービスを利用できるようにお手伝いさせていただきます。

【特定相談支援】
 ●「サービス等利用計画案」を作成するまでの相談への対応
 ●「サービス等利用計画」の作成/モニタリング/見直し
 ●サービス提供事業者やサービス担当者との連絡調整  など

【利用案内】
 営業日 = 月曜日から金曜日(祝日および年末年始は除く)
 営業時間 = 8:45~17:30
 電話番号 = 075-333-0171(洛西寮)
 Eメール =smile@kyo-ssc.com